行政書士5大通信講座を徹底比較!

メインイメージ

行政書士通信講座TOP

このサイトは、行政書士試験対策用通信講座の比較検証サイトです。
世に数多ある行政書士試験対策用通信講座の中から、評判の良い5つの講座をピックアップした上で、サイト前半ではそれぞれの講座の特徴を紹介。一方、後半では「カリキュラム」「教材・テキスト」「講義・講師」「サポート体制」の観点で、各通信講座をランク付けしています。

ちなみに通信講座には、資格の学校が通学講座と並行して開講しているものと、通信教育の会社が専業で開講しているものがありますが、このサイトでは、前者の通信講座は敢えて対象から外しました(ただし、通学講座を開講していても、通信講座の方がメインのところは除外していません)。

というのも、兼業タイプと専業タイプは、同じ通信講座という括りでも、サービスの内容や学習環境などが大きく違ってくるからです。
たとえば、兼業タイプの通信講座の中には、自宅ではなく、学校に通学した上でDVDを視聴する講座などもあります。また、通学講座を開講している強みを活かして、通信講座とは言いつつ、教室で講義を受講できる講座などもあります。
そのため、兼業タイプと専業タイプを同じ土俵の上で単純に比較することはできないというのが、兼業タイプの通信講座を外した理由のひとつです。

理由のもうひとつは、本サイトの目的に関係します。
このサイトは、「通信講座で行政書士試験に挑戦したい」「通信講座についてもっと知りたい」といった受験生を、読者層として想定しています。

兼業タイプの通信講座、たとえばTAC、LEC、大原などの通信講座については、基本的には通学講座の内容と同じなので、このサイトで敢えて紹介しなくても、いろいろと詳しい情報は得られるかと思います。その一方で、専業タイプの通信講座の場合は、まだまだ情報が少ないのが現状です。

そこで本サイトでは、あまりよく知られていない(専業タイプの)通信講座の魅力と、各講座の実力を広く紹介するために開設しました。
具体的に資料請求のアクションを起こす前のファーストセレクション(ふるいがけ)として利用していただければと思います。

「カリキュラム」「教材・テキスト」「講義・講師」「サポート体制」。これは、行政書士試験対策用通信講座を選ぶ際に、ぜひとも重視していただきたいポイントです。
本サイトでは、この4つのポイントに照らして、各社の通信講座の実力を比較検証しています。是非とも参考にしていただき、自分にぴったりな講座を見つけてください。

口コミランキング

【No.1】フォーサイト ⇒詳細はこちら
高い合格率、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、全てが人気!
【No.2】ヒューマンアカデミー ⇒詳細はこちら
充実したサポート体制と「ステップアップ学習法」が特徴。
【No.3】ユーキャン ⇒詳細はこちら
毎年の試験を徹底的に分析して頻出分野に絞って作られた教材。